リハビリマッサージについて。

○ 訪問リハビリマッサージとは?

 脳梗塞などの病気や交通事故などの怪我により、寝たきり状態の方・杖をついて歩かれる方・車いす・歩行器を使われる方。付添なしでは外出が出来ない方(要介護状態の方が該当します)などの自宅に訪問して、病院で受けた様なマッサージ・ストレッチ・機能訓練・日常生活動作訓練など施術して、運動機能・日常生活の向上を図るサービスです。医師の同意書があれば医療保険の適用ですので、介護保険の訪問リハビリとの併用は可能です。

 

○ リハビリマッサージの施術とは?

マッサージ = 痛み・むくみがある関節やその周辺に施術します。
関節運動練習 = 関節の動きが固い場合に施術します(マッサージ効果有)。
筋力トレーニング = 筋力が弱い場合に施術します(マッサージ効果有)。
ストレッチ運動 = 筋肉が硬い場合に施術します(マッサージ効果有)。
機能訓練 = 基本的動作が困難な場合に施術します。
(寝返り・起き上がり・起立動作・端坐位保持・立位練習)。
歩行練習 = 歩行が困難な場合に施術します。

 

○ リハビリマッサージ効果は?

 運動・マッサージ効果により筋肉組織および他の組織などの全身の血行の流れが良くなり血行障害が改善して痛み・ むくみなどが改善し、床ずれ防止にもなります。関節の動きがよくなり、筋力もアップにつながります。出来る基本的動作が増えてくるようになります。循環器機能が刺激され心肺能力が強化されて、血圧・呼吸など改善されます。また、ストレスの解消につながり。精神的に落ち着きますなどのいろいろな効果がありますので運動を続けることが大切である。

 

○ 適応疾患とは?

脳疾患障害後遺症。脳梗塞後遺症。脳出血後遺症。多発性脳梗塞。パーキンソン病。脊髄小脳変性症。筋萎縮性側索硬化症(ALS)。バーチャ病。筋ジストロフィー。ニューロパチー。脳性麻痺。変形性腰痛症。変形性脊椎症。変形性膝関節症。脊柱菅狭窄症。変形性股関節症。腰椎椎間板ヘルニア。慢性関節リウマチ。多発性関節リウマチ。頸髄損傷。頚椎損傷。四肢体幹機能障害。大腿骨頸部骨折後遺症。他の骨折後遺症。四肢筋萎縮。大脳皮質萎縮。脊髄小脳変性症。サルコイドーシス。末梢神経障害。ギランバレー症候群。神経原生筋萎縮症。全身廃用症候群。上下肢筋肉廃用性萎縮。閉塞性動脈硬化症。 わからない場合は問い合わせてください。